トピー健康保険組合

トピー健康保険組合

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

新着情報

[2020/07/01] 
令和2年度 被扶養者資格確認調査(検認)の実施について

 当組合では厚生労働省による指導に基づき、被扶養者の資格確認調査(検認)を毎年実施しております。これは、皆さまよりお預かりしている大切な保険料から支払われる保険給付の適正化を図ることを目的とし、被扶養者として認定された方がその後も認定基準を満たし現在もその状況にあるかどうかを確認するための重要な調査となります。
 令和2年7月中旬から令和2年10月末にかけて、資格確認調書を所属事業所宛に順次送付いたします。所属事業所の担当者より資格確認調書を受け取りましたら、記載内容をご確認のうえ、必要書類を添付し、期日までに所属事業所の担当者へご提出ください。
 なお、調査の結果、被扶養者の認定基準から外れていると判定した場合は事実発生日(就職日等)またはトピー健康保険組合が認定した日をもって、被扶養者の資格を削除いたします。 
 ご理解とご協力をお願いいたします。

 

参考:
● 健康保険法施行規則第50条
  「健康保険組合は、毎年一定の期日を定め、被保険者証の検認又は更新をすることができる」
● 厚生労働省保険局長通知(保発第1029004条)
  「被保険者証の検認については、保険給付適正化の観点から毎年実施すること」
● 厚生労働省保険局保険課長通知(保発第1029005条)
  「被保険者証の検認又は更新に際しては、被扶養者の認定の適否を再確認すること」

 

令和2年度 被扶養者資格確認調査(検認)の提出書類について

住民票が日本国内にない方の手続きについて

ページ先頭へ戻る